MENU

むくみを改善するならサプリが断然オススメ!

「朝起きたら顔がパンパンにむくんでいる」
「夕方になると足がパンパンでブーツのファスナーが上がらない」など、
「むくみ」に悩んでいる女性は非常に多くみられます。
 
むくみの原因は、血行不良やリンパ液の流れの滞りです。

長時間の同じ姿勢、運動不足、冷え症、水分不足

塩分過多など、さまざまな要因が絡み合い、
「むくみ」という症状を引き起こしてしまいます。

 

むくみは、栄養バランスの良い食事適度な運動など、
生活習慣を見直すことで、改善対策ができますが、
忙しい現代人にとっては、分かっていても毎日のことなので、
なかなか難しいというのが現状でしょう。

 

そこでおすすめなのが「むくみサプリ」です。
「ビタミンB群」「カリウム」「ビタミンC」「メリロート」
「ポリフェノール」「赤ブドウ葉乾燥エキス」など、
むくみに効果的といわれている栄養素が、
手軽に毎日簡単に摂れるので、
毎日の食事に「むくみサプリ」をプラスするだけで、
効率的にむくみを改善につなげることができます

 

 

サラサラにする成分を毎日手軽に摂取しよう! 

「お酒を飲みすぎた翌日や仕事が終わると、
顔や足がパンパンになっている」という「むくみ」
誰でも一度は経験されているのではないでしょうか。

 

むくみは男性よりも女性に多く見られる症状で、

冷え症と深い関係があるといわれています。
身体が冷えると、血管が縮み、血液の流れが滞ってしまいます

 

すると、内臓機能も低下してしまい、
水分を十分に体外へ排出できなくなるため、
余分な水分が溜まってしまい「むくみ」という症状であらわれます。
身体がむくむと血液が流れにくくなり
さらに身体が冷えてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

つまり、むくみを改善するためには、
血液をサラサラに流れを良くすることが重要であるということです。
身体を温める食べ物や飲み物を摂るお風呂でゆっくり温まる
運動やマッサージなど、血行を良くする方法はいろいろありますが、
注目されているのが「体内をサラサラにする成分が
毎日手軽に摂れる」むくみサプリです。

 

 

 

美肌効果・便秘解消効果もある?

女性の多くが悩まされている
「むくみ」解消する栄養素をまとめてみました。

 

カリウム
むくみの解消といえば「カリウム」がもっとも
ポピュラーです。身体を活性化し、体内の塩分の

排出を促進するため、水分量を適正に保ちます。
バナナ、昆布、ひじき、かぼちゃ
枝豆、小豆、山芋、ジャガイモなどに多く含まれます。

 

ポリフェノール
血液をサラサラにする効果で、むくみの解消が
期待できます。赤ワイン、ブルーベリー、大豆
生姜、カカオなどに多く含まれます。

 

サポニン
利尿作用悪玉コレステロールの排出作用があります。
スイカ、きゅうりなどのウリ科の食べ物に多く含まれます。

 

ビタミンB1
血液サラサラのサポートをします。
豚肉、豆腐、ほうれん草などに含まれます。

 

ビタミンB6
血液サラサラ効果が期待できます。
鶏肉、にんにく、マグロ、さんまなどに含まれます。

 

「むくみサプリ」に含まれるこれらの栄養素は、
むくみ解消だけではなく、
美肌効果や便秘解消にも効果が期待できます。

 

 

むくみが起こる原因とは? 

むくみは、医学的用語では「浮腫(ふしゅ)」といわれています。
男性よりも、女性に多く見られる症状ですが、
むくみはなぜ起きるのでしょうか。

 

長時間の同じ姿勢
立ったまま、座ったままなど、同じ姿勢を長時間とることで、
重力により血液が下半身に溜まってしまいます。

 

冷え症や血行不良
身体が冷えると、足先の毛細血管まで血液が
うまく流れなくなるために、むくみが引き起こります。

 

老廃物の滞り
筋力の低下などが原因で、体内の水分や老廃物が
下半身に溜まってしまい、むくみが生じます。

 

生活習慣の乱れ
食生活、睡眠不足、運動不足など、不規則な
生活習慣は自律神経の調整機能が乱れ
むくみが起こりやすくなります。

 

塩分・水分の摂りすぎ
血液中の水分が増えてしまい、体内に余分な水分が
溜まりやすくなってしまいます。過剰な量を摂り込むことで
余分な水分がうまく排出できなくなるのが原因です。

 

現代女性の多くがはミネラル不足です!

むくみとは、水の摂取量と排尿量のバランスが崩れ、
顔や足などが腫れた状態になることです。
漢方医学では「水毒」の一種とされています。

 

むくみの原因は、血行不良、冷え症

生活習慣の乱れなど、たくさんの要因がありますが、
大きなカギとなるのが「ミネラル」です。
ミネラルは、私たちの健康には欠かせない栄養素で、
不足すると身体にさまざまな影響を及ぼします
むくみもその一つです。

 

ミネラル不足になると、水分代謝が衰え
水分のバランスが崩れやすくなるために
顔や足だけでなく、全身のむくみが起こりやすくなります。

 

ミネラルとは、ナトリウム、マグネシウム
カルシウムなどの物質の総称で、体内ではつくり
出せないため、食事から補っていく必要があるのですが、
現代女性は深刻なミネラル不足だといわれています。

 

むくみ改善には「カリウム」「マグネシウム」が特に重要です。
水分代謝を上げるためにも、カリウムをたっぷり摂取する必要があります
毎日、栄養バランスの良い食事を摂るのが理想ですが、
忙しい現代人にはなかなか難しいのが現状です。
足りないミネラルは、むくみサプリでしっかり補って行きましょう。

 

 

バランスの良い食事が理想ですが・・・ 

現代人は、常にミネラル不足だといわれています。
五大栄養素の一つであるにもかかわらず、
不足しやすい傾向にあるのは、忙しい現代人にとって、
栄養バランスの良い食事を毎日摂るのはなかなか難しいからです。

 

近年では、外食、コンビニ弁当、総菜、インスタント食品など、

手軽で簡単に美味しく頂けるものが多いため、
単身者や、一人暮らしのサラリーマン・OLには
栄養バランスの良い食事をつくるというのは、
現実的に無理といえるでしょう。
1日30品目となると、食材を用意するのも
無駄になってしまうことが多く、経済的にも大変です。

 

むくみの改善には、利尿作用があり、水分調整
してくれる「カリウム」が特に必要です。
カリウムは、すいか、バナナ、アボカド、ほうれん草、
きのこ納豆などに多く含まれるので、
積極的に摂り入れていくと良いでしょう。

 

ただ、カリウムは、熱と水に弱く、調理方法によっては
栄養が損失して吸収力が低下するため、
不足した分は「むくみサプリ」で補って行きましょう。

 

カリウムとは?

「カリウム」とは、私たちが生きるためには
欠かすことのできないミネラルの一つです。

 

体内に溜まっている余分な塩分の排出を促進し、
細胞内の浸透圧(体内の水分量)を
一定に保つ作用があるため、数ある栄養素の中で、

むくみにもっとも効果が高いといわれています。

 

カリウムは細胞内液に存在し、
細胞外液に存在するナトリウムと
バランスを取って血圧などを調整します。

 

ナトリウム(塩分)の摂りすぎは、むくみ
高血圧といった症状を引き起こしますが、
カリウム汗や尿としてナトリウムを
体外へ排出する役割を担っているのです。

 

ただ、このときにカリウムも一緒に排出されるため、
ナトリウム過多は、カリウム不足を招くことになります。
カリウムが不足すると、体内のナトリウム調整が
できなくなるため、むくみにつながります。
現代人は、カリウムは不足しがちな栄養素の一つと
いわれているので、むくみサプリでしっかり補給して行きましょう。

 

 

シトルリンとは? 

多くの女性の悩みである「むくみ」の解消に
「シトルリン」という成分が効果があるといわれています。
シトルリンは、スイカや冬瓜などのウリ科の植物
含まれるアミノ酸の一種で、血管を拡張させ、
血流を促進する効果が高いことで注目されています。

 

シトルリンを摂取すると、体内で血管を拡げる
作用を持つ一酸化炭素をつくり出し、血液量が増え、
手足の抹消までの血管を拡げて
血の巡りを高めていきます

 

血流が改善されることで、
体内に蓄積された余分な水分や
老廃物が体外に排出されやすくなるため、
顔や足などのむくみを解消する
ばかりでなく冷えや肩こりなどの
症状の改善にも期待ができるのです

 

シトルリンは、むくみサプリ主要成分として重宝されています。
ウリ科の野菜や果物を毎日摂取するのは難しいので、
シトルリン効率的に摂取できるむくみサプリをうまく活用すると良いでしょう。

 

ポリフェノールとは?

「ポリフェノール」は優れた抗酸化作用
持つことで知られていますが、
血液をサラサラにする作用もあるため、
むくみの解消にも効果が高いことで注目されています。

 

血液がサラサラになり、血行が良くなることで、
新陳代謝が上がり、冷え症の改善にもつながります。
また、むくみの原因にもなっている
足の静脈の筋肉のこりをほぐす効果もあるとされています。

 

ポリフェノールとは、植物成分の総称であり、
その数は5000種類以上もあるといわれています。
植物の色素や苦みの成分で、カテキン、イソフラボン
タンニンなどもポリフェノールの一種です。

 

ポリフェノールの目標摂取は、1日1000〜1500mgです。
チョコレート、赤ワイン、クルミなどに多く含まれていますが、
むくみに最も効果的なポリフェノール
「赤ブドウの葉」といわれています。
毎日手軽に摂取できるものではないため、
むくみサプリを利用することをおすすめします。

 

 

メリロートとは? 

「メリロート」とは、ヨーロッパからアジアにかけて
自生する、マメ科の植物です。
日本名は「西洋エビラハギ」で、
別名「スイートクローバー」とも
呼ばれている、甘い香りが特徴のハーブです。

 

メリロートは古代より、頭痛薬ねんざや打撲などの
炎症を鎮める薬浮腫の改善薬として重宝されてきました。
また、発酵食品のチーズ、料理のスパイスなど、
香味付けにも利用されていたようです。

 

メリロートをサプリメントで摂取すると、
むくみ解消につながるといわれています。
それは、メリロートに含まれる「クマリン」という成分が、
血液やリンパの流れを改善する働きがあるからです。

 

ただ、メリロート過剰摂取は肝機能障害や
倦怠感などの副作用が出るとの指摘があります。
ヨーロッパでは、女性の場合、クマリンの摂取は
5mgまでとされていますが、日本では基準がゆるいため、
その2倍以上のクマリンが使用されていることもあるのです
メリロートのサプリを摂取する際には、クマリンの含有量を必ずチェックしましょう

 

 

塩分・水分の摂りすぎに注意しよう!

ラーメン、お味噌汁、漬物、梅干しなど、
塩分が多い食事は、むくみの原因の一つです。
塩分を摂りすぎると喉が渇くのは、
私たちの体液の塩分濃度を超えたためで、
体液の濃度を薄めようと血液中に水分が増える、

自己防衛反応だといわれています。

 

水分塩分を摂りすぎるとむくみ
生じやすくなるのは、余分な水分が
溜まりやすくなるためというわけです。

 

ただ、水分を控えればむくみが
なくなるということではありません。
水分不足は血液をドロドロにしてしまい、
余計にむくみが生じてしまう場合があります。

 

水分を摂りすぎたときにむくんだように感じるのは、
水分調整を完了するまでに時間がかかっているからです
人間の身体は、水分量を多く感知した際には、
腎臓が働いて尿として体外へ排出していきます。

 

むくみを予防するには、水分を適量に
塩分は控えめにすることが肝心ということです。
また、ナトリウムとカリウムのバランスを保つためにも、
むくみサプリをうまく活用して行きましょう。

 

 

血流が悪いと・・・ 

むくみの直接的な原因は、体内に余分な水分や
老廃物が溜まってしまうことです。
そこには「血行障害」が深く関わっていますが、
むくみの場合は動脈の血行障害ではなく、
静脈(リンパも含む)の血行障害が原因となっています。

 

静脈を流れる血液は、余分な水分や老廃物を
回収して体外に排出していきますが、
何らかの原因で静脈が血行障害を引き起こすと
回収作業がうまくいかずむくみがあらわれてしまいます。

 

むくみが起こっている場合、重要なのは静脈の流れを
良くすることですが、静脈に血行障害が起こっているときに
動脈の流れを良くしてしまうとむくみが悪化する場合があります。

 

例えば、医療機関で処方される血液の流れを良くする
薬のほとんどは、動脈硬化などで血行障害が起こる
動脈の薬なので、むくみの改善にはならないため注意が必要です。
静脈の血行不良の改善策として

 

食生活の見直し
身体を冷やすものは避け、身体を温める食材や薬味類を摂り入れましょう。

 

運動・ストレッチ
凝り固まった筋肉をほぐすことで血行障害が改善されます。

 

足を高くして寝る
重力によって足先に溜まった血液を上半身に戻しましょう。

 

むくみサプリを摂る
血流改善に効果のある成分が配合されています。

 

 

腎臓機能が低下すると・・・

腎臓は「血液中の老廃物をろ過して
尿として排出する」以外にも、血液、水分、
ホルモンなどを通して体内環境を
調整するという重要な役割を担っています。

 

腎臓の機能が低下してくると尿に

異常が出るイメージですが、
むくみの症状があわわれることもあります。
一日中立ちっぱなしの仕事、デスクワークで
座りっぱなしで、夕方になると両足がむくんでいる
お酒を飲んだ翌朝顔がむくんでいる、という
経験をされた方も多いと思います。

 

長時間同じ姿勢で血流が悪くなったり、
アルコールの飲み過ぎで水分の流れが
悪くなるなどが原因の一時的なむくみであれば、
特に問題ではありませんが、
マッサージや運動をしているにも関わらず、
常にむくみが生じていて解消しない場合には
腎臓の機能が低下しているサインかも
しれないので、注意が必要です

 

腎臓のろ過機能が低下すると、
老廃物をうまく排出することができなくなるため
体内に老廃物や毒素がたまり、血行障害
水分の巡りの悪化を招いてしまいます。

 

腎臓むくみの関係は密接です。
慢性的なむくみに悩まされている場合は、
生活習慣の見直しバランスの良い食事
むくみサプリを摂り入れ、腎臓を労わる生活を心掛けましょう。

 

 

寝不足も大きな要因! 

むくみの原因はさまざまな要因がありますが、
その一つに「睡眠不足」もあげられます。

 

私たちの体内は、寝ている間も活発に働いており、
細胞を入れ替えて疲れを癒して行きますが、
睡眠が十分にとれていない場合、
二酸化炭素などの疲労物質が細胞内に蓄積され、

酸素が不足してしまいます。

 

その結果、血管が膨張するため、体内の余分な水分も
うまく排出されなくなってしまうというわけです。
さらに、酸素不足の状態になると、
それを補おうと血液の量が増加するため、
手足の先の部分の末梢血管から心臓に戻る血液の量を
もとに戻す機能も追いつかなくなり、むくみが生じます。

 

このように、むくみ睡眠不足は密接な関係が
あるのです。個人差はありますが、
理想の睡眠時間は6時間以上といわれています。

 

睡眠不足によるむくみの解消は、十分な睡眠をとるのは
もちろんですが、ぐっすりと深く眠れるような、
質の良い睡眠ができるように心掛けることが大切です。
寝る前にストレッチ、半身浴、朝日を浴びて
体内リズムを整えるなど、規則正しい生活を送りましょう。

 

むくみサプリメントを摂取しない方がいい人とは?

夕方になると足がパンパンでブーツのファスナーが上がらない、
お酒を飲んだ翌日は顔がパンパンなど、
女性に多くみられるむくみの改善に、近年人気が
高まっている「むくみサプリ」についてまとめました。

 

−−−−−むくみサプリの有効成分−−−−−

 

カリウム
体内の余分な塩分を排出する働きがあります。

 

シトルリン
体内の余分な水分をスムーズに排出する
利尿作用があります。

 

ポリフェノール
優れた抗酸化作用と、血液をサラサラにする
効果があります。

 

メリロート
ヨーロッパでは医薬品として知られるハーブで、
血液やリンパの流れを良くする作用があります。

 

むくみサプリは、顔や足のむくみや身体の腫れぼったさを
感じている人、体内の水分を調整する野菜が
不足している人などにおすすめです。
健康補助食品なので副作用などの影響はないとされていますが、
次のような場合は利用を控えた方が良いでしょう

 

妊娠している
持病があり、病院から処方されている薬がある
配合されている成分に対してアレルギーがある

 

相乗効果を実感しやすいテクニックとは?

多くの女性の悩みである「むくみ」の解消に
人気のむくみサプリ健康補助食品なので、
効果を感じるまでに時間がかかったり、
効果が出やすい人や出にくい人などさまざまです。

医薬品と違って副作用がない点では安心ですが、
相乗効果を高めるためのテクニックも必要になります。

 

利尿作用のあるものを積極的に摂る
コーヒー・緑茶・ウーロン茶などのカフェインを
含む飲み物、きゅうり、スイカなど

 

リンパマッサージ
口を大きく開ける・思いっきり目を見開く、
足全体を優しくマッサージするなど、
流れにくくなったリンパ液をスムーズにすることで
むくみの多くが解消されていきます。

 

お風呂上がりのストレッチ
筋肉をほぐすことで代謝が高まり
体内の老廃物を排出しやすくします。

 

足湯
40度位のお湯で、身体が温まったと感じるまで
足湯を行いましょう。身体が温まることで顔もスッキリになります。

 

むくみサプリで身体の内側から、リンパマッサージなどで
身体の外側から、バランス良く刺激を与えてむくみを解消して行きましょう。

 

むくみサプリメントを選ぶときの注意点!

「むくみサプリ」といっても、その種類はさまざまです。
どのむくみサプリを選べばいいのか
迷ってしまうという人も多いと思います。

 

むくみサプリは、正しい知識を持って選び、

継続することで効果があらわれます
むくみサプリを選ぶときの注意点
しっかり把握しておきましょう。

 

むくみに効果的な成分が配合されているかどうか
余分な塩分や水分を排出する「カリウム」
「カルコン」を補うことで、むくみ解消につながります。

 

3種類以上の成分が組み合わされてつくられているかどうか
1種類の成分では吸収されてにくいため、
栄養素バランスが良いものを選びましょう。

 

無添加、無着色のものかどうか
合成着色料、防腐剤、香料などが
含まれていない自然のものを選びましょう。

 

熱加工されていないかどうか
「カリウム」は熱を加えることで、栄養素が失われてしまいます。
栄養素は熱に弱いため、熱加工されていないものを選びましょう。

 

続けやすい価格であるかどうか
むくみサプリは、3ヶ月以上続けることが基本です。
続けやすい金額であるかどうかは大きなポイントです。